アートとともにひと、もの、風土の新しいかたちをさぐる

アネモメトリ -風の手帖-

最新記事 編集部から新しい情報をご紹介。

お知らせ 編集部からの交流会情報からその他

このページをシェア Twitter facebook

歌劇『蝶々夫人』全2幕(G・プッチーニ、原語上演・字幕付)

info_15

毎年開催される「1万円未満で感動するオペラ」。2010年に團伊玖磨作曲『夕鶴』、2011年にG.プッチーニ作曲『ラ・ボエーム』、昨年は尾上和彦作曲『月の影』-源氏物語-を上演し、年々来場者も増え、春秋座のオペラは話題になっています。 今回の上演作品『蝶々夫人』は、日本を舞台にしたオペラにふさわしく、花道を使うなど春秋座独特の舞台空間を生かした演出となっています。牧村邦彦の指揮、井原広樹の演出に加え、笹岡隆甫氏によるいけばなも注目です。

出演:川越塔子(6日)、江口二美(7日)他
日程:2013年07月06日(土)〜 2013年07月07日(日)
時間:開演 6日17:00 7日14:00 (会場は開演の30分前)
場所:京都市左京区北白川瓜生山2-116 京都造形芸術大学内 京都芸術劇場 全席指定 S席:一般9,500円、シニア9,000円、友の会8,500円
主催:京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター
お問合せ:京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター TEL:075-791-9207
URL: http://www.k-pac.org/performance/20130706.html