アートとともにひと、もの、風土の新しいかたちをさぐる

アネモメトリ -風の手帖-

特集 地域や風土のすがたを見直す、芸術の最前線

TOP >>  特集
このページをシェア Twitter facebook
#4
2013.04

新潟 「エフスタイル」がつむぐ、あたたかな「循環」

前編 エフスタイルのものづくり

4.カートひとつで「行商」へ

p4-SDIM0637p4-SDIM0645
p4-SDIM0649
p4-SDIM0653

行商時代に一冊一冊手作りしていた商品カタログ。写真、文、デザインすべてに並々ならぬ愛情が注がれているのが伝わってくる
(カタログ撮影:小川明郎)

p4-SDIM0630

そうしてマットのサンプルが出来上がり、いよいよ「行商」が始まった。

電話帳片手に(当時は今ほどホームページを持つ会社や店がなかったのだ)、東京のセレクトショップやインテリアショップに片っ端から電話をかける。アポイントメントがとれると、マットを丸めてカートにくくり付け、2人で営業に出かけた。
何のつても経験もない、大学卒業したての若い2人。たどたどしい営業トークに、電話口ですげなく断られることもたびたびだった。それでも、ここぞと思った会社やショップには、めげずに何度もアタックし、ある日たまたま電話に出た社長が興味を持って展示会に呼んでくれ、そこから一気に取引先が広がったこともあった。

「商売のやり方を何も知らずに始めたのがよかったんだと思います。知りすぎていたら、きっと考えすぎてだめだった。会って商品を見てもらいさえすれば何かが変わるかもしれない、その一心で動いていました。私たちにはこのマットがあったから」(五十嵐)
気持ちを支えていたのは、自分たちの“商品”への自信。マットの開発に、最初から関わっていたことも大きかった。

「どうやってこのマットが生まれたかを、私たちはしっかり伝えることができる。その自信だけはありました。実際、行商時代に作った資料は、今見ても内容がしっかりしています。そして、しつこい(笑)。A4用紙3枚にこのマットがどうやって織られているかが、びっしり書いてある。当時は商品の生産背景や地方の地場産業について、そんな風に詳しく説明する人はいなかったので、スタイリッシュなものに飽き飽きしていたような人たちが、興味を持って、私たちを“拾って”くれたんです」(星野)

文字通りの、行商生活。「行商」という言葉や考え方が、ついこの間まで大学生だった彼女たちの口からさらりと出たことに驚く。新潟にはその昔から、冬の農閑期の副業として、縮布や薬、醤油や味噌などの行商がさかんだったと聞く。新潟生まれ、新潟育ちの彼女たちのDNAには、そんな風土的背景も少なからず組み込まれているのかもしれない。