アートとともにひと、もの、風土の新しいかたちをさぐる

アネモメトリ -風の手帖-

最新記事 編集部から新しい情報をご紹介。

お知らせ 編集部からの交流会情報からその他

TOP >> お知らせ >> 
このページをシェア Twitter facebook

大阪藝術学舎「金星夜会」☆第25夜 「妖し(あやかし)の日本文化 」

info_3

毎月第2金曜日の夜は毎回多彩なゲストをお招きしショートレクチャーを行います。レクチャーの後は、ドリンクを片手に受講生も講師も交じり合って、気軽に話をしながら交流を深めることができるアットホームな夜会です。
新年度早々のテーマは「妖し(あやかし)の日本文化」。摩訶不思議な現象や、所謂、「妖怪」の様な得体のしれない存在、そして「地獄」「極楽」という場所。未知の存在でよく判らなくて、何だか恐ろしいのに魅了される「妖し」たち。長岡京から平安京への遷都や、菅原道真など歴史の折々に堂々と「妖し」が関与しており、実は何より日本を語る上で切っても切れないのが「妖し」なのです。春の象徴「桜」とも切っても切れない「妖し」。
☆☆

日時:4月11日(金)18:30~20:00
会場:大阪サテライトキャンパス(大阪富国生命ビル5F)
参加費:1,000円(フリードリンク付)
ゲスト:西山 克(関西学院大学教授)
ホスト:関本徹生(京都造形芸術大学教授)

事前の申込不要です。仕事帰りに、同僚やご友人、ご家族などをお誘いあわせの上、ぜひご参加ください。
http://gakusha.jp/osaka/index.php