アートとともにひと、もの、風土の新しいかたちをさぐる

アネモメトリ -風の手帖-

最新記事 編集部から新しい情報をご紹介。

お知らせ 編集部からの交流会情報からその他

このページをシェア Twitter facebook

2017年の国際芸術祭*2

前回に引き続き、今年開催の芸術祭を紹介します。

-海の芸術祭2017(釜山、2017年9月16日から10月15日)
http://www.busanbiennale.org/main/index.php
(英語版:http://www.busanbiennale.org/english/main/index.php
釜山ではビエンナーレと海の芸術祭を交互に開催しています(ビエンナーレは2002年から、海の芸術祭は2011年から)。今年は海の芸術祭。「遊ぶ芸術(アート・ルーデンス):海+芸術+楽しみ」というテーマでの開催です。今回の参加アーティストなどの情報はまだ公開されていませんが、ウェブサイトではこれまでのビエンナーレと海の芸術祭の記録やEメールで配信しているニューズレターを閲覧することができます。

-リヨン・ビエンナーレ(2017年9月20日から2018年1月7日)
http://www.labiennaledelyon.com/
(英語版:http://www.labiennaledelyon.com/uk/
フランス南東部の都市リヨンでは、奇数年に現代芸術のビエンナーレ、偶数年にダンスのビエンナーレが開催されています。今年は14回目の現代芸術のビエンナーレにあたり、テーマは「揺れ動く世界(mondes flottants)」です。詳細は2017年版のウェブサイト(Voir le site de l’édition 2017をクリック)で公開されています。日本からは毛利悠子さんとSHIMABUKU(島袋道浩)さんが参加のようです。

今年開催予定の国内の芸術祭には、前回紹介したヨコハマトリエンナーレのほかに、札幌国際芸術祭があります。8月6日から10月1日までの開催で、テーマは「芸術祭ってなんだ?」です。近年、国内で多くの芸術祭が企画されるようになりましたが、神戸ビエンナーレが資金不足で打ち切りとなるなど、開催についてはさまざまな問題が浮き彫りになってきています。自己言及的な問いにどのような応えが示されるのか、興味深いテーマです。
-札幌国際芸術祭2017
http://siaf.jp/