アートとともにひと、もの、風土の新しいかたちをさぐる

アネモメトリ -風の手帖-

最新記事 編集部から新しい情報をご紹介。

お知らせ 編集部からの交流会情報からその他

このページをシェア Twitter facebook

世界の展覧会*19

世界ではいま、どのようなアートに注目があつまっているのでしょうか。現地まで観に行けるわけではないけれど、知っているとなんだか嬉しい。どこか遠くの土地で開催される展覧会の情報をご紹介します。今回は、写真に関する展覧会です。

The Radical Eye: Modernist Photography from The Sir Elton John Collection (テート・モダン)
http://www.tate.org.uk/whats-on/tate-modern/exhibition/radical-eye-modernist-photography-sir-elton-john-collection
「ラディカルな眼差し――エルトン・ジョン・コレクション、モダニズム写真」。ミュージシャンとしても有名なエルトン・ジョンの写真コレクションから、1920年代から50年代の作品が出展されています。なかには、マティスやピカソ、ブルトンの肖像写真など、今回初めて公にされるものも。ウェブサイトで公開されているヴィデオでは、壁にぎっしりと掛けられたコレクションの数々を見ることができ、壮観です。2016年11月10日から2017年5月21日まで。
出展作品は、ガーディアン紙掲載の展覧会レビューでも確認できます。ぜひ参照してみてください。
https://www.theguardian.com/artanddesign/2016/nov/08/the-radical-eye-review-tate-modern-switch-house

L’italia di Magnum. Da Henri Cartier-Bresson a Paolo Pellegrin. (カメラ(イタリア写真センター))
http://camera.to/mostre/litalia-magnum-henri-cartier-bresson-paolo-pellegrin/
「マグナムのイタリア――アンリ・カルティエ=ブレッソンからパオロ・ペレグリンまで」。1947年にロバート・キャパやカルティエ=ブレッソンらによって設立された、国際的な写真家のグループ、マグナム・フォトの70周年を記念した展覧会です。現代までのイタリアの写真の歩みを振り返ります。2017年3月3日から5月21日まで。