アートとともにひと、もの、風土の新しいかたちをさぐる

アネモメトリ -風の手帖-

特集 地域や風土のすがたを見直す、芸術の最前線

TOP >>  特集
このページをシェア Twitter facebook
#11
2013.11

しょうぶ学園 ― ものづくり、アート、創造性 ―

後編 真にクリエイティブな環境の実現

知的障がい者施設「しょうぶ学園」で作られる作品や製品は、多くの人びとを魅了し続けている。しょうぶ学園の作品を展示したい、他の人にも知ってもらいたい……。全国各地で展覧会が開かれ、メディアでも取り上げられるなど、注目度は高まるいっぽうだ。しかし、有名になっても、しょうぶ学園のありかたは何も変わらない。職員がものづくりの環境をクリエイティブに整え、作り手たちは純粋に過程を楽しむ。こんなふうにものを作れたら、というひとつの理想がそこにある。京都での大きな展覧会を手がかりに、創作物や学園のありかたに感銘を受けたアーティストやギャラリストなど、関係者の話から「しょうぶスタイル」を浮き彫りにする。

IMG_1238