アートとともにひと、もの、風土の新しいかたちをさぐる

アネモメトリ -風の手帖-

最新記事 編集部から新しい情報をご紹介。

風信帖 各地の出来事から出版レビュー

TOP >>  風信帖
このページをシェア Twitter facebook
#21

イナコスという名の橋
― 大分県別府市

日本一の温泉湧出量、源泉数を誇る大分県別府市。背後には標高1374mの活火山鶴見岳、目の前には別府湾が一面に広がっていて身体も心も温まるホットなまちです。このまちの魅力に惹かれ今日も国内外の観光客があちらこちらにみられます。温泉めぐりはもちろん、地獄めぐり(こちらも温泉ですが)、郷土名物のとり天やだんご汁の食めぐりを楽しまれる方も多いでしょう。たくさん遊んだ後の少しゆっくりしたい朝、お散歩コースに「イナコスの橋」まで訪れてみませんか。
別府駅から車で15分ほど北へのぼると南立石公園があります。地元の人が集まるこの公園とその隣に位置する西別府病院の間に境川という川が流れていて、そこに架けられた全長約36mの橋が「イナコスの橋」です。いまから22年前、平成6年4月に日本で初めてサスペンアーチ式(逆さ吊り)造られた橋です。
イナコスの橋は、別府と友好都市関係にある中国烟台市産の淡桜色の御影石を主な材料として使っています。この石は厚さ25cm、1枚の重さ800kgもあります。橋の上弦部は78枚の御影石が用いられ、その内部に太いピアノ線を通して川の両端に固定させています。下弦部には鋼材が用いられています。上下の弦が絶妙なバランスを保っていることによって、やわらかなアーチを描いているのが特徴です。この特殊な構造が選ばれたのは、通常の橋のように上からワイヤーで吊るす構造では、川の上流にある鶴見岳や扇山などの美しい自然景観を妨げてしまうからです。この美しい場所をそのまま残すためにイナコスの橋は誕生しました。
「イナコス」という名前は、当時公募により集められた中から地元の小学6年生の男の子の案が採用されたものです。ギリシャ神話に出てくる川の神の名から名付けられたものだそうです。地元住民だけでなく、入院患者さんがこの橋を渡り公園へ訪れる様子もしばしばみられます。この橋の上に立つと優しい川のせせらぎがみんなの心をすこし癒してくれます。

(出口聡子)

イナコスの橋入り口。

イナコスの橋入り口。

イナコスの橋と鶴見岳。

イナコスの橋と鶴見岳。

橋の上から見た境川と別府湾。

橋の上から見た境川と別府湾。