アートとともにひと、もの、風土の新しいかたちをさぐる

アネモメトリ -風の手帖-

最新記事 編集部から新しい情報をご紹介。

お知らせ 編集部からの交流会情報からその他

TOP >> お知らせ >> 
このページをシェア Twitter facebook

大阪藝術学舎「金星夜会」☆第37夜「写しの復活」

info_3

毎月第2金曜日の夜は毎回多彩なゲストをお招きしショートレクチャーを行います。レクチャーの後は、ドリンクを片手に受講生も講師も交じり合って、気軽に話をしながら交流を深めることができるアットホームな夜会です。
今回のは京都市東山区にある「岡田萬治金箔美術」の金箔押し職人・岡田武さんをお招きし、「写し」についてお話しいただきます。古来、絵師や職人は先達の手わざや作品を写す事で技を磨き上げてきました。技の基本を叩き込み、秀でた作品から学び、見て真似て技を盗んで自分の技を昇華してきました。ところがあるときを境に、「写し」が贋作・盗作・著作権侵害など悪事であるかのような潮流が現れました。何が原因なのでしょう?例えば「風神雷神図」、俵屋宗達以外の琳派の名だたる面々の「風神雷神図」は盗作なのでしょうか?本当に写しは悪いことなのか?「写し」を考える春の夜は大阪サテライトキャンパスへ☆

日時:4月10日(金)18:30~20:00
会場:大阪サテライトキャンパス(大阪富国生命ビル5F)
参加費:1,000円(フリードリンク付)
ゲスト:岡田武(金箔押し職人)