アートとともにひと、もの、風土の新しいかたちをさぐる

アネモメトリ -風の手帖-

特集 地域や風土のすがたを見直す、芸術の最前線

TOP >>  特集
このページをシェア Twitter facebook
#7
2013.07

市と、ひとと、まちと。

後編 各地に広がる、市の新しいありよう

地元に根ざした生活があって、作り手と買い手がモノを介してやりとりする。市とはリアリティあるすこやかな場所だ。「市の文化」が定着したまちは、まちとしての底力があると思う。高知の新たな展開は、ゆっくりと全国に広がりつつある。市の機能するまちが、各地に生まれているのだ。世界で一番多くの市が立つロンドンについても言及しつつ、市と、ひとと、まちのこれからを考える。

_MG_6682