アートとともにひと、もの、風土の新しいかたちをさぐる

アネモメトリ -風の手帖-

特集 地域や風土のすがたを見直す、芸術の最前線

TOP >>  特集
このページをシェア Twitter facebook
#63
2018.08

音楽とアートが取り持つ、まちの多層性

広島・尾道3
住んでいるけど旅しているようなまち

7月号では、尾道市街地から海を隔てた向島でチョコレート工場兼ショップ「USHIO CHOCOLATL(ウシオ チョコラトル)」を始めた中村真也さん、ベルリンから尾道へ家族で移住してきたファッションデザイナーの長江青さんに話を聞いた。散歩の途中、いい景色を目にしてふと立ち止まるように尾道で暮らし始めた彼らの姿からは、住んでいても旅しているようなこのまちの風通しのよさが感じられる。今号では、空き家の再生活動を行う地元出身の女性、アーティスト・イン・レジデンスを運営する男性たちに話を伺い、引き続き、尾道が「住んでいるけど旅しているようなまち」となり得た背景を紐解く。

3L1A9625

IMG_1367

3L1A0112

尾道は「路地のまち」でもある。気ままに路地に迷い込めば小さなカフェや食堂がいくつも見つかり、探検気分を盛り上げてくれる。一番下の写真は、尾道本通り商店街脇の路地のひとつにある尾道の社交場的カフェ「チャイサロン ドラゴン